こんばんは、管理人のtoshifumiです。
今回は「社会福祉主事」について書いていきたいと思います。


社会福祉主事とは


社会福祉主事とは、社会福祉法によって定義づけられている任用資格です。任用資格とは、公務員が
特定の業務を行う時に必要となる資格で、社会福祉主事の場合は都道府県や市区町村に設置された
公営の社会福祉事務所や福祉施設で福祉の業務に携わる事が出来る、という事になります。
そして、福祉業務に携わる公務員の事を社会福祉主事と呼びます。

資格取得条件


社会福祉主事の資格を取得する方法は複数あり、
1.大学、短期大学において、厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を3科目以上修めて卒業した者
2.厚生労働大臣の指定する養成機関又は講習会の課程を修了した者
3.厚生労働大臣の指定する社会福祉事業従事者試験に合格した者
上記1〜3に掲げる者と同等以上の能力を有すると認められた者として厚生労働省令で定める者
引用:全国社会福祉協議会

上記4点の方法があり、必ずしも大学や短期大学にて指定の3科目を履修する必要はありませんが、
その場合は同等以上の能力と講習や養成機関での履修と、養成機関によっては、試験に合格する必要が
あります。

資格取得によるメリット


社会福祉主事は任用資格という少し特殊な位置付けではありますが、資格を取得する事で高齢者福祉
だけでなく、児童福祉や障害者福祉など行政・民間問わず幅広い福祉の仕事に就く事が出来る様に
なります。

社会福祉主事は給料面でもキャリア面でも有利になる事が多く、資格手当がつく事がほとんどですし、
将来的には施設長などの様な経営に関わる事になる事も珍しくありません。

もし、この資格を取得できる環境にいるのであれば、取得しておいて損になる事は無いでしょう。
 続きを読む