toshiの福ペディア

現役ケアマネジャーの管理人が、介護業界の情報や副業、趣味などについてつぶやいていくブログです!

Category: 趣味



こんばんは、管理人のtoshifumiです。
皆さんは年末ジャンボ宝くじ、買いましたか?私は買うタイミングを失ってしまって買わずじまい
でした・・・。
さて、今日のネットニュースで宝くじの売り上げが年々低下しているとありました。

そこで今回は、宝くじの売り上げ低迷について書いていこうと思います。

宝くじの歴史


そもそも宝くじの日本での初まりは何処からなのでしょうか?
宝くじ公式サイトによると・・・

日本の富くじの起源は、江戸時代初期の寛永元年(1624年)頃。摂津国(現在の大阪府)の箕面山瀧安寺(みのおさんりゅうあんじ)で、正月の元旦から7日までに参詣した善男善女が、自分の名前を書いた木札を唐びつの中に入れ、7日の日に寺僧がキリで3回突き、3人の“当せん者”を選びだし、福運の“お守り”を授けたのが起こりとされています。
とのことでした。
その後、様々な変遷を経て現在の宝くじになりました。又、一等の賞金額も時代のニーズに合わせて
高額化していきました。(現在、国内の宝くじでの最高賞金は10億円)

売上金の使い道


宝くじの売上金は一体何に使われているかと言うと、
  • 各都道府県や指定都市の公共事業
  • 社会貢献広報費
  • 印刷経費・売りさばき手数料など
  • 当選金
に使われています。 
この中で当選金の割合は、全体の46%程度を占めているそうです。「考えていたより少ない」と思わ
れた方もおられるでしょうし、「そんなこと知ってるよ」という方もおられるでしょう。
因みに、各都道府県や指定都市の公共事業に使われる割合は39.6%と、当選金以外の使い道としては
ダントツの1位でした。

当選確率


では、宝くじの1等当選確率は何%でしょうか?当選確率を計算しているサイトは沢山あり、概ね
1000万分の1とどのサイトでも算出されていました。この確率、落雷に当たる確率と同等なのだそう
で・・・。

こういった情報が容易にみられる影響かはわかりませんが、実際に宝くじの売上額は2005年度の
1兆1047億円をピークに減少しており、2017年度には前年度比6.9%減の7866億円と、1997年度以来
20年ぶりに8000億円を下回ったそうです。
2005年度に4398億円だった収益金は、2017年度には2996億円に落ち込みました。

こういった状況に歯止めをかけるべく、宝くじのネット購入が可能となりましたが、どれだけの効果が
現れるのかはまだ不透明な状態です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

93219ed832382200839dd55976efd46a_s


こんばんは、管理人のtoshifumiです。外はクリスマスムードでいっぱいですね。
12月24日はクリスマスイブ、ほとんどの方はそう理解していると思われます。私もクリスマスイブは
前夜祭と思っていましたが、どうも違う様です。

そこで今回は「クリスマスイブ」の本当の意味について書いていこうと思います。

クリスマスイブとは?


そもそもクリスマスとは、キリスト教の多くの宗派が使用しているユダヤ暦にて12月25日が
イエス・キリストの誕生日であり、イエス・キリストの誕生日を祝う祭で、降誕祭とも言われて
います。
ではクリスマスイブとは何でしょうか?クリスマスはそのまま誕生を祝う祭、もしくは降誕祭です。
イブはEveであり、eveningの古語「even」の語尾が消失してしまったものと言われています。つまり、
クリスマスイブは「前夜祭」ではなく、クリスマス当夜ということになります。
その根拠として、キリスト教の多くの宗派で使用されているユダヤ暦やそれを継承する教会暦では
日没を1日の境界としています。

教会では何をしているの?


クリスマスイブ、教会では何を行なっているのでしょうか?
教会暦を使用している多くの宗派では晩の礼拝が行われています。12月24日の晩は、既にクリスマス
当日に入っているため、クリスマスに入って直ぐに最初のクリスマス礼拝が行われていると認識され
ている様です。

また、多くの国の一般家庭では家族と過ごす日と位置付けられています。日本でいう正月三が日に
近い認識で間違っていないと思います。

日本での捉えられ方


日本ではクリスマスやクリスマスイブはどう捉えられているでしょうか?実は日本では恋人と過ごす日
という捉え方の方が多く、宗教的な日というよりもただのイベントとして考えられています。
日本に昔から根付いている宗教と欧米で根付いている宗教の考え方の差が大きく出ているとも言える
のではないでしょうか?

日本では昔からその年の豊穣を司る歳神様をお迎えする行事の正月が根付いていますからね。

終わりに


今回はクリスマスイブについて書いてみました。
調べてみて、クリスマスイブが実はクリスマス当夜だったこと、キリスト教の多くの宗派が使用
している暦というものがあったこと、その暦では1日が日没で区切られていることを恥ずかしながら
初めて知りました。

また、様々なイベントについて調べる機会があれば書いてみようと思います。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ