toshiの福ペディア

現役ケアマネジャーの管理人が、介護業界の情報や副業、趣味などについてつぶやいていくブログです!

Category: PC・スマホ

ipadpro-17_TP_V4


こんばんは、管理人のtoshifumiです。
新年早々、Appleが2019年第1四半期(2018年10月〜12月)の売上高予測を修正したとのことです。
しかもこの修正、以前の予測では890億ドル〜930億ドルだったのに対し、840億ドルに引き下げをした
そうです。

そこで今回は、Appleの業績予測の下方修正の根拠について書いてみたいと思います。

業績下方修正の原因

下方修正の主な原因として挙げられているのが、

  • iPhoneバッテリー交換プログラムによる買換需要の低下
  • 中華圏での景気減速によるiPhone売上低迷
  • 米中貿易摩擦による影響

の上記3点でした。

中華圏での販売低迷はまだ理解できますが・・・。バッテリー交換プログラムを原因に挙げるのは
どうかと、私は個人的に感じました。
そもそも、バッテリー交換プログラムは、Appleがバッテリーの低下によってiPhoneが予期せぬ
シャットダウンをすることを懸念し、iOSアップデートによって意図的にパフォーマンスをさせていた
ことへの対応として始まったプログラムです。

ただ単に自ら蒔いた種を刈り取る時期だっただけではないか?と・・・。

本当は高級化路線が原因?(個人的見解)

個人的に全体の売上高が低迷した原因は、iPhoneやiPad Proで限定して言えば価格が高くなり過ぎた
事でしょう。日本では、iPhone3Gが7〜8万円でしたが、iPhone4では4万6080円(16GB)で販売
され、iPhone6 Plusで初めて10万円を超えました。
その後さらに高価格化し、現在では性能の良いノートPCが買える程の価格となりました。

流石に今まで通りは売れないでしょう。

iPad Proも同様ですよね。
そしてMacBook Airに関しても、確かに性能が現在の基準にアップグレードされたものの、もはや
MacBookシリーズで最も気軽に買えるモデルではなく、MacBook Pro13インチとほぼ同等の価格設定
となってしまいました。

 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

20181117-21-59

こんばんは、管理人のtoshifumiです。
新型iPad Proが発売されて大分経ちますが、しばしば「開封時からiPad Proが歪んでいた」
「使っているうちに歪んでしまった」といった報告がネットに流れています。

そこで今回はiPad Proのフレームの歪みに対するAppleの見解について書いていこうと思います。

今年発売されたiPad Proは、ベゼルレスデザインであり、ホームボタンも廃止されると言うかなり
大胆なモデルチェンジがされました。発表会でも厚さが5.9mmという部分をセールスポイントとして
アピールしていました。

問題の発端と動画


しかし、前述の通り「歪む」という話題がネットに出回り、さらには海外のYouTuberが素手で
iPad Proを折り曲げてしまう動画が投稿されるという事態に。
しかも驚くべきことに、その動画ではいとも容易く折り曲げられているではありませんか!



決定的な出来事


そしてThe Vergeの記者が購入したiPad Proが購入後2週間で歪みが生じ、そのことについてAppleに
問い合わせ代替品を受け取ったものの、その受け取った代替品が何と開封した時点で既に歪んでいた
という・・・。

これに対しAppleは「iPad Proの金属やプラスチック部品が製造時に冷却された結果生じたもの」と
回答をしたそうです。

iPhone XRの基盤の不具合といい、iPhone 6Plusの時といい、ある意味Appleだなぁという回答では
ありますが、製造段階で生じるということは世間一般では不具合、もしくは設計ミスというのでは
ないか?と思うのですがどうでしょうか?

終わりに


Appleといえば、価格は高いが品質は高い、というブランドイメージがあったはずですが、ここ最近の
Appleの対応を振り返ると、今まで築いてきたブランドイメージに傷が入るのでは?と感じてしまい
ます。

現在のiPad Proは最も安いモデルでも10万円以上するのですから、購入して開封したら歪んでました
では中々納得はできないと私は思います。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、管理人のtoshifumiです。
11月4日に開催された「日本認知症ケア学会 2018年度東海地域大会」
については以前の記事で紹介しました。
その中で、記憶に残っていることについて書いていきたいと思います。

という事で、今回は「認知症の方の本人ミーティング」について書いて
行こうと思います。

「本人ミーティング」の始まり


ここ2〜3年程でしょうか、「本人ミーティング」という言葉を耳にする
様になってきました。そもそも「本人ミーティング」とは、認知症施策
推進総合戦略(新オレンジプラン)の中にある「認知症の人やその家族
の視点の重視」が元になり模索段階の中、考え出された手法です。

確かに考えてみると、施設内で開かれるサービス担当者会議に入所者様
が参加をする事が(その法人の方針によって異なるものの)ほとんど
聞いた事がありません。
居宅の現場においても、よほど軽度の認知症の方以外ではあまり参加を
させず、代わりに家族様が中心となると知り合いのケアマネから聞いた
事があります。

やはり私達ケアマネの中に「認知症の人は会議に参加してもケアプラン
について理解してもらえないかもしれない」という意識が働いていたと
反省しました。

今回の本人ミーティングについて


今回の地域大会における「本人ミーティング」では、認知症の方に本人
ミーティングを行なって頂き、その雰囲気を感じ取る、という内容でした。

正直、私は「沢山の人の目もあるしいくら何でも酷なのでは?」と感じて
いました。
実際に始まると、私達ケアを提供する側に対して訴えたい事や、日常生活
の中で工夫している事や、夢などを生き生きと語ってくれました。
結局私の思いも独りよがりなものだった様で、さらに反省をしました。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ