toshiの福ペディア

現役ケアマネジャーの管理人が、介護業界の情報や副業、趣味などについてつぶやいていくブログです!

Category: 副業

こんばんは、管理人のtoshifumiです。
最近、職場での愚行を動画にアップしては炎上させる「バイトテロ」が話題となっています。
これは最近急増しているわけではなく、昔からあった事です。(昔の方がエグかったという
意見もちらほらと・・・)今も昔も何故こんな事が起こるのでしょうか?

今回は、そもそも人は何の為に働くのか?について書いてみようと思います。


一体何に時間を使っている?


私達の長い人生の中で、一体何に時間を多く使っているのでしょうか?
「睡眠!」という方もいれば「趣味!」という人もいるでしょう。しかし、意識したくはないですが、
「仕事・・・」にも私達は多くの時間を割いています。

世界ではとても多くの人々が仕事をしていますが、必ずしもやりたい事や好きな事を仕事にしている
訳ではありません。中には現在の仕事を嫌々こなしている方や、過剰な労働を強いられている方も
おられるでしょう。

働く意味とは?


では、私達は働く事にどんな意味を感じているのでしょうか?一般的には
  • 生活するため
  • 夢の実現のため
  • 社会貢献のため
  • 自身の人間性の向上のため
が挙げられるでしょう。私自身、とてもしっくりとすると感じます。「仕事をしてお金を稼がないと
生きていけない」「今の仕事は自分の夢を叶える準備段階」「もっと社会の為になる事をしたい」
「自身がより良い存在になりたい」・・・どの理由もとても納得がいきます。

バイトテロは何故起こる?


上記の要素に納得がいった上で、何故バイトテロの様な事案が発生してしまうのでしょうか?
考えられる理由は
  • 面白半分
  • 目立つ為
  • 職場に対する強い不満
  • 自身の境遇に対する不満・不安
が真っ先に考えつきます。YouTuberの様になりたい、という理由から無茶な動画をあげる方は
以前から一定数いますし、自身が正しいとかたく信じているのか、自身と違う考え方の同僚を
貶める様な動画を執拗にあげている方もいます。

個人的な考えですが・・・バイトテロの様な行為の根本には、潜在的に一部の経営陣による富の
独占や、労働者同士の賃金格差・待遇格差による不安や不満が大きな要素を占めているでしょう。

バブル崩壊後から日本は労働者に出す給料は安く抑えたいという、お金の出し惜しみが持続し、
経営陣は内部留保がある上にももっと欲しい、という傾向が強くなりました。
こういった思考が続き、労働者側には経営者に対する怒りや恨み・憎しみが募り、経営陣側では
もっと富を集めたいという欲が肥大化しています。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、管理人のtoshifumiです。
最近、「キラキラ介護」等と銘打って介護業界のイメージアップを図ったり、1部の介護職員が
自身の持つ理想を追い求めるあまりスタンドプレイを繰り返す様を「キラキラ介護士」と言われる
事があります。
その一方、介護現場にあるリソースに基づいて無理のない範囲でケアを行う介護職員達を「現実の
見える介護職員」としてみる傾向があります。

そこで今回は、そもそも介護職以前に社会人に必要なモノとは何か?について書いてみたいと
思います。


社会人のマナーやモラル


最近は社会人のマナーやモラルが崩壊しているのでは?という様なニュースをよく目にしますが、
そもそもマナーやモラルとはどういった意味を持つのでしょうか?

マナーとは、行儀や作法といった意味で用いられます。具体的には、社会の中で、人が気持ち良く
生活をする為の知恵とも言えます。
一方のモラルとは、倫理・道徳を指します。マナーよりも意味する部分は大きく、普遍的な価値観
を持っています。モラルには類似語でモラールという言葉がありますが、こちらは組織内での集団的
な意欲・士気の事を言いますので、別の言葉と言っても良いでしょう。

モラルとマナー、その違いはモラルが普遍的な「道徳心・倫理観」であり、マナーは「他者に対する
思いやり・礼儀」です。

一般的には、組織への帰属意識の低下によりモラルの低下が始まると言われています。

ビジネスマナーとは?


では、社会人としての最低限のマナーとは何を指すのでしょうか?それは、
  • TPOをわきまえた適切な身だしなみ
  • 挨拶をしっかりとする
  • 時間厳守
  • ホウ・レン・ソウの徹底
などが一般的に当てはまります。その他にも押さえておきたいものが名刺交換のマナーとなります。

上記のビジネスマナーを知らないと、思わぬ場面で恥を書いてしまう事になりかねません。
逆に、ビジネスマナーを身に付け、自然に振る舞える様になる事で円滑な人間関係を形成できる様に
なるでしょう。

介護業界を見てみると・・・


では、現在の介護業界を見てみましょう。以前から時々虐待に関するニュースがありましたが、
今年は特に悲惨なニュースが多く報道されています。
これを上記のモラル・マナーに当てはめてみると、介護業界では今、モラルハザードが起きている
もしくは起きる前段階にあると言っても良い状態です。

視点を小さくして事業所内での問題を見てみると、よく聞く事が事務所と介護現場の対立や、1部の
スタッフの暴走やベテランによる各種ハラスメントです。
これも細かく見ていくと、モラル・マナーの低下や欠如が問題の根底にあります。

「キラキラ介護」や「キラキラ介護士」「現実的な介護士」の対立や害悪として排除される問題は
そもそも介護業界や事業所に対する帰属意識の低下がある為、この状態を改善するのは時間がかかる
でしょう。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、管理人のtoshifumiです。
今回は職能団体の役割について書いていきたいと思います。


職能団体とは?


職能団体とは、専門的資格を持つ専門職達が、自身の専門性の維持・向上や専門職としての待遇などの
保持・改善をする事を目的としています。又、同業他者が複数在籍する事で会員同士の交流の場を
提供しています。

職能団体への加入には、当該資格を取得する事や入会金・年会費の納入等が基本的な前提条件となり
ます。加入は任意加入ですが、1部の職能団体は強制加入制となっていますので注意が必要です。

介護・福祉業界の職能団体

では、介護・福祉業界にはどの様な職能団体があるのでしょうか?代表的な職能団体を挙げてみると
  • 日本社会福祉士会
  • 日本介護福祉士会
  • 日本認知症ケア学会
  • 日本介護支援専門員協会
  • 福祉住環境コーディネーター協会
等、規模の大小こそあれ様々な職能団体が存在します。

そのほとんどの団体で、会員の専門性の維持・向上や現在の介護・福祉業界の置かれている現状の
把握や待遇の改善に取り組んでいます。(1部の介護系職能団体では、全く逆の言動をしているもの
がありますが・・・)

職能団体に加入するメリット


職能団体に入る事で得られるメリットは、その職業に関する公式の情報を早い段階で入手できる事や
各種研修や講演会に会員価格で参加する事ができる事でしょう。
又、同じ職種で他の会社で仕事をしている会員と情報交換できる事もメリットとして挙げられます。
反面、毎年それなりの金額の会費を納入しなければならない事や、入会時には入会金が必要となります。
職能団体で開催される研修や講演会も人によっては期待外れのものに終わってしまう事もあります。

所属している会社によっては、職能団体で活動している事が評価される事があれば、逆にそれが足枷
となってしまう事もあります。(実際、昔の職場で介護系のある研修の受講をフロア主任にお願い
したら、退職してしまえ!と恫喝された事がありました。)
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、管理人のtoshifumiです。早いもので1月が過ぎ、2月となりました。節分も終わり、
次はひな祭りが近づいてきましたね。

今回は、取得しておくと役立つ資格として「秘書検定」について書いてみたいと思います。


資格概要


秘書検定とは、公益社団法人実務技能検定協会が主催する資格となります。秘書検定では、実際に
秘書業務を行う上で必要な技能として、社会に出て仕事をする為に必要な知識やマナーを学ぶ事が
出来ます。

試験概要


秘書検定には受験資格はなく、どなたでも受験する事ができます。この資格は3級・2級・準1級・
1級の4種類に分けられ、3級と2級は年3回試験が実施され、準1級と1級は年2回実施されます。
3級と2級は筆記試験のみですが、理論と実技の2科目があり2科目とも正答率が60%以上であれば
合格となります。
準1級と1級は3級・2級と同様に筆記試験がある他、面接も試験内容に含まれます。
合格率は、3級・2級は60%前後と比較的合格率が高いですが、準1級・1級は30%前後と、難易度
の高さが伺えます。

資格取得によるメリット


秘書検定を取得する事で就職や転職に有利に働くでしょう。ビジネスマナーや接遇技術を習得
できている事は、面接時に有利に働きます。
ただし、ビジネスマナーや接遇技術などは社会に出て経験を積む事で徐々に身についてくるので、
常に学習をする必要はあります。

又、秘書検定を取得している事で給料面が有利になる事はあまり無いようです。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、管理人のtoshifumiです。
今回は福祉関係の資格以外について、どの業界でも重宝される資格「日商簿記検定」について
書いていこうと思います。


簿記とは


日商簿記検定は、日本商工会議所が主催する検定試験です。簿記の起源は古く、古代ローマ時代には
すでにその存在が確認されています。
簿記とは一口に言うと、企業の経済活動を日々記帳し、一定期間の資産・負債・純資産(資本)と
売上・費用・利益による、経営状況や財政状態を明らかにする技術です。

「私は経理課に所属していないから必要ない」と考える方もいるでしょう。しかし、家計簿も簿記の
種類の一つと仮定すると、簿記に関わらない人はほとんどいないかも知れません。

簿記を理解する事によって、企業が決算時に公表する書類「財務諸表(貸借対照表・損益計算書・
利益処分計算書・キャッシュフロー計算書・営業報告書・付属明細書)」を理解しやすくなり、その
企業が当該会計期間、どの様な活動をしてどの様な状態なのか、今後はどうなるのか、を判断する事が
できる様になります。

試験概要


日商簿記検定に受験資格は特になく、基本的には1級から初級(2016年までは4級)のどれを受験
しても大丈夫な様です。しかし、日商簿記検定は合格率があまり高くなく、初級資格でも直近の
合格率を平均しても約46%であり、1級に至っては直近6回の平均合格率が9.55%と、高難易度を
誇ります。

試験は2級〜初級までは年3回実施されており、全国各地の商工会議所や場合によっては大手の書店
でも受験申込書は手に入れる事が出来ます。
しかし1級のみは年2回実施となっている為、注意が必要です。

合格基準は2級〜初級までは正答率70%以上となりますが、1級は70%以上の正答率かつ、商業簿記・
会計学・工業簿記・原価計算の4科目でそれぞれ40%以上の正答率がないと合格出来ません。
(ちなみに私は、原価計算1問分の得点で合格を逃しました・・・)

試験時間は2級〜初級は120分となり、電卓の持ち込みが可能となっています。また、計算用紙が1枚
試験時に配布されます。
一方、1級は商業簿記・会計学で90分、工業簿記・原価計算で90分の合計180分で、前半・後半で1枚
ずつ計算用紙が配布されます。

 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ