こんばんは、管理人のtoshifumiです。早いもので1月が過ぎ、2月となりました。節分も終わり、
次はひな祭りが近づいてきましたね。

今回は、取得しておくと役立つ資格として「秘書検定」について書いてみたいと思います。


資格概要


秘書検定とは、公益社団法人実務技能検定協会が主催する資格となります。秘書検定では、実際に
秘書業務を行う上で必要な技能として、社会に出て仕事をする為に必要な知識やマナーを学ぶ事が
出来ます。

試験概要


秘書検定には受験資格はなく、どなたでも受験する事ができます。この資格は3級・2級・準1級・
1級の4種類に分けられ、3級と2級は年3回試験が実施され、準1級と1級は年2回実施されます。
3級と2級は筆記試験のみですが、理論と実技の2科目があり2科目とも正答率が60%以上であれば
合格となります。
準1級と1級は3級・2級と同様に筆記試験がある他、面接も試験内容に含まれます。
合格率は、3級・2級は60%前後と比較的合格率が高いですが、準1級・1級は30%前後と、難易度
の高さが伺えます。

資格取得によるメリット


秘書検定を取得する事で就職や転職に有利に働くでしょう。ビジネスマナーや接遇技術を習得
できている事は、面接時に有利に働きます。
ただし、ビジネスマナーや接遇技術などは社会に出て経験を積む事で徐々に身についてくるので、
常に学習をする必要はあります。

又、秘書検定を取得している事で給料面が有利になる事はあまり無いようです。
 

終わりに


今回は秘書検定について書いてみました。

個人的にはこの資格を取得する事で社会人として社会の中で生きていく為に必要な幅広い知識や
一般的なマナーを学習できる事が1番のメリットだと考えています。
言い換えるなら、社会人としての「品格」や「教養」を身につける事ができる資格です。

きっとフォーマルな場面でこの資格が役立つ時がくると思います。

参考:公益社団法人 実務技能検定協会