こんばんは、管理人のtoshifumiです。
今回は福祉関係の資格以外について、どの業界でも重宝される資格「日商簿記検定」について
書いていこうと思います。


簿記とは


日商簿記検定は、日本商工会議所が主催する検定試験です。簿記の起源は古く、古代ローマ時代には
すでにその存在が確認されています。
簿記とは一口に言うと、企業の経済活動を日々記帳し、一定期間の資産・負債・純資産(資本)と
売上・費用・利益による、経営状況や財政状態を明らかにする技術です。

「私は経理課に所属していないから必要ない」と考える方もいるでしょう。しかし、家計簿も簿記の
種類の一つと仮定すると、簿記に関わらない人はほとんどいないかも知れません。

簿記を理解する事によって、企業が決算時に公表する書類「財務諸表(貸借対照表・損益計算書・
利益処分計算書・キャッシュフロー計算書・営業報告書・付属明細書)」を理解しやすくなり、その
企業が当該会計期間、どの様な活動をしてどの様な状態なのか、今後はどうなるのか、を判断する事が
できる様になります。

試験概要


日商簿記検定に受験資格は特になく、基本的には1級から初級(2016年までは4級)のどれを受験
しても大丈夫な様です。しかし、日商簿記検定は合格率があまり高くなく、初級資格でも直近の
合格率を平均しても約46%であり、1級に至っては直近6回の平均合格率が9.55%と、高難易度を
誇ります。

試験は2級〜初級までは年3回実施されており、全国各地の商工会議所や場合によっては大手の書店
でも受験申込書は手に入れる事が出来ます。
しかし1級のみは年2回実施となっている為、注意が必要です。

合格基準は2級〜初級までは正答率70%以上となりますが、1級は70%以上の正答率かつ、商業簿記・
会計学・工業簿記・原価計算の4科目でそれぞれ40%以上の正答率がないと合格出来ません。
(ちなみに私は、原価計算1問分の得点で合格を逃しました・・・)

試験時間は2級〜初級は120分となり、電卓の持ち込みが可能となっています。また、計算用紙が1枚
試験時に配布されます。
一方、1級は商業簿記・会計学で90分、工業簿記・原価計算で90分の合計180分で、前半・後半で1枚
ずつ計算用紙が配布されます。

 

資格取得のメリット


簿記検定は主催している団体が多い事でも有名ですが、やはり日本商工会議所主催の簿記検定が最も
ブランド力が高く、資格を取得している事で様々なメリットがあります。

2級〜初級資格を取得している事で得られるメリットは大学への推薦入学時に有利になりやすく、取得
単位の優遇も大学によってはある様です。1部の商業高校でも単位の優遇措置があります。 
1級を取得すると、税理士の受験資格が得られる事と、職業能力開発促進法の指導員資格試験で、
事務科の試験科目の一部が免除される事が1番のメリットと言えます。

又、企業への就職や転職時、日商簿記検定の資格取得が暗黙の了解となっている場合が多くあり、資格
の取得を考慮しない企業であっても、入社後に資格取得が義務となっている場合があります。

他の業界では簿記検定はステータスであり、持っているか持っていないかで就職できる企業にも差が
出てしまう程この資格の信用度は高いと言えるでしょう。

終わりに


今回は日商簿記検定について書いてみました。学生時代、私は何故か簿記が得意で何気なく取得した
資格でしたが、調べてみるとこんなにも汎用性のある資格だとは考えてもみませんでした。

日商簿記検定は3級を取得していれば経理の仕事も問題なく出来ますが、キャリアアップを目指すので
あれば、2級以上を取得しておいた方が良いと思います。

もし日商簿記検定に興味がある方は、日本商工会議所のホームページを見てみると良いでしょう。

参考:商工会議所の検定試験