こんばんは、管理人のtoshifumiです。
今年に入って早々、家族全員がインフルエンザに感染しダウンしていました・・・。

今回は、2019年3月に新設される資格、スマート介護士について書いてみようと思います。

資格概要


スマート介護士とは、社会福祉法人善光会サンタフェ総合研究所が創設した資格となります。
サンタフェ総合研究所によると、介護ロボットを組み込んだサービス体制の導入などに関する専門性を兼ね備えた、介護サービスの質の向上と効率化を図ることのできる者に対する呼称となります。

この資格には到達目標があり、
これからの日本の社会福祉を担う使命感とそれに基づく持続可能な介護サービス提供モデルの必要性を理解する
要介護者の生活機能の把握とあるべき支援を企画する
効率的なオペレーションシステムを構築し、継続的に改善する
利用者や同僚職員などの関係者を指導する
介護ロボット・ICT機器の特性を把握する 
引用:社会福祉法人善光会
とのことでした。

受験資格と試験内容


この資格に受験資格はなく、どなたでも受験することは可能です。しかし、対象者の設定はされており
  • 介護施設の管理者(施設長、介護主任、ユニットリーダーなど)
  • 施設介護、訪問介護に従事する者
  • 福祉用具の開発/販売に携わる者
  • 介護ロボット・ICT機器の開発/販売に携わる者 
が対象となっている様です。

スマート介護士にはBasic(初級)とExpert(中級)の2種類があり、併願することも可能となっています。
試験内容は、どちらもマークシート方式で60分間であり、正答率70%以上で合格となります。

申し込み時の注意点


この資格の特徴として、ネット上で受験申し込みをする事が出来、ネットショップの様にクレジット決済やコンビニ決済で受験料を払い込む事が出来ます。
又、受験申し込みの際にメールアドレスを登録する必要があり、事務局からのメールを受信できる様にする為、フリーメールは推奨されていません。(受信メールの設定を変更すれば問題はないと思いますが・・・)

 

資格取得によるメリット

この資格は今年新設された資格である為、就職や転職時にどの様な影響を与えるのか未知数な状態です。
同様に、この資格を取得している事によって給料や手当に対して有利に働くかも分かりません。
今後、介護業界がICT化やAI化が進んだ時に、この資格独自の専門性を発揮できるかに左右されるでしょう。

介護ロボットやAIが家電製品の様に一般化された時、もしかしたらこの資格の価値がなくなってしまう
かも知れませんし、逆に介護ロボット導入時に家電量販店の店員さんの様な役割を果たす事になるかも
知れません。

ICT化が全業界中最下位に近い介護業界でスマート介護士が期待される役割を果たすことが出来るかは
全くの未知数です。 

終わりに


今回はスマート介護士について書いてみました。
私個人の感想として、この資格は単独ではあまり強みを発揮できないのかな?と感じました。
例えば、福祉用具専門相談員や介護福祉士・ケアマネジャー等の様な資格と併せる事で強みを発揮できると思います。
この資格に関してもっと詳しく知りたいという方はスマート介護士資格試験のホームページを見てみると良いかも知れません。