cfb63a839b3c2a1bc88c6c25cde83c87_s


こんばんは、管理人のtoshifumiです。
今回はAIの導入により、福祉はどう変化していくかについて書いていこうと思います。

介護業界での現状

そもそも介護現場では現状、ICT化すら出来ておらず、少し古いデータですが、平成24年時点において
全業界中最低レベルとなっています。実際、書類や記録などの様な業務も手作業で行っている事業所の
話はよく聞きますし、何故かICT化に否定的な意見が根強く残っています。

何故ICT化が一行に進まないのでしょうか?その理由として、
  • 導入する予算がない
  • ICT機器を使いこなすスタッフがいない
  • ICTに関する知識を持つスタッフがいない
という3点が挙げられます。

ICT化のメリット

しかし、ICT化による業務の効率化・省エネ化は絶大なものです。今まで残業をしてまで行っていた
業務がわずかな手間で行うことができ、圧縮された時間を別の事に使うことができます。
ICT化により、セキュリティ面に不安がある場合はセキュリティ会社に依頼する事によって、大体の
問題は解決します。

こういったメリットがあるにも関わらず、業界規模でICT化が遅れているのが現実です。
そんな中、介護業界用のAIが複数の企業で開発されており、一部では試験運用もされています。

AIって何?

では、AIとは何でしょう?
AIとは、人工知能のことです。AIの研究において、2通りの考え方があり、
  • 人間の知性を丸ごと再現しようとする立場
  • 人間の知性を部分的に再現しようとする立場
です。因みに現在は人間の知性を部分的に再現しようとする立場が主流の様です。
AIというと、何かSF的なイメージで遠い未来の話の様に感じるかもしれません。しかし、実際には
私たちの身近にAIはすでに存在しています。
iPhoneに搭載されているSiriや、Androidに搭載されているGoogleアシスタントが代表的な例でしょう。

AIのメリット

AIは既に様々な業界で人間の活動をサポートするために使用されています。こういった流れがあれば
介護業界だけがいつまでも手作業で日々の業務を行う意味はほとんど無いといっても良いでしょう。

将来的にはAIのサポートを受ける事によって、誰もが同じレベルでケアを提供できる様になり、
相談援助職は煩雑な業務から解放されるでしょう。


そして、今までマネジメントすらしてこなかった中間管理職以上の経営陣は専属のコンサルタントに
業務時間中は常に補佐してもらえるはずです。
(上記の様なレベルでAIのサポートを受けられる様になるまでにはまだまだ長い時間が必要だとは
思いますが・・・。)

これは私個人の見解ですが、AIのサポートを最も必要としているのは相談援助職の方たちでは無いかと
考えました。相談援助職は基本的に1人部署であり、職場での技術の継承が最も困難な部署の1つです。
そのためマニュアルが無い場合もあり、マニュアルがあっても実際には機能していないこともあります。

本来しっかりとしたノウハウがあって当然な部署ですが、個人のスキルに依存しているため、当たり
外れが大きいのも問題です。

終わりに

今回は介護業界へのAIの導入について書いてみました。
こういったツールの導入により、介護業界の抱える問題の大半は解決されるのではないか?と期待
されていますが、当事者の介護業界はAIをどの様に受け入れていくのかが今後注目されます。

(その前にせめてICT化を早く進めてくれ、というのも本音ですが・・・。) 

参考:ledge.ai